E34大分自動車道

 大分自動車道は、佐賀県鳥栖市の鳥栖JCTから福岡県を経由し、大分県速見郡日出町の日出JCTまで結ぶ全長104.7kmの高速道路です。1996(平成8)年に全線開通し、2018(平成30)年8月にかつて大分道の区間だった日出JCT〜大分米良ICが東九州道に変更されました。鳥栖JCT〜日出JCTまで高速道路ナンバリング「E34」が指定されています。全線下り線8本/上り線8本のトンネルがあります。当路線で最も長いトンネルは大分県の代太郎トンネル(2,300m/2,310m)です。

※九重IC〜日田IC上り線は未収録です。

下り線

上り線

その1
鳥栖JCT〜天瀬高塚IC
4/4本
完全収録

その3
日出JCT〜九重IC
2/4本
一部未収録あり

その2
天瀬高塚IC〜日出JCT
4/4本
完全収録

その4
日田IC〜鳥栖JCT
2/4本
一部未収録あり

当路線の撮影状況

全体
(下り線+上り線)

18本

撮影済み

14本 (78%)

未撮影

4本 (22%)

接続する道路

九州自動車道

福岡県北九州市門司区と鹿児島県鹿児島市を結ぶ高速道路です。鳥栖JCTで接続。

長崎自動車道

佐賀県鳥栖市と長崎県長崎市を結ぶ高速道路です。鳥栖JCTで接続。

東九州自動車道

福岡県北九州市小倉南区と鹿児島県姶良市を結ぶ高速道路です。日出JCTで接続。

高速道路のトンネル │ トップページ